読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単角子宮で二児の母

単角子宮で一児の母のアラフォー会社員、単角子宮による切迫早産を乗り越え、無事二児の母となりました。単角子宮での妊娠・切迫流産や切迫早産・帝王切開の経験、育児と仕事の話、読んだ本などいろいろ書いていきます。

MENU

腰痛にはバックジョイ!家用を追加購入しました。

突然ですが私、腰痛持ちです。一人目の娘を産んだ後から、急に腰痛に悩まされるようになりました。

産後、授乳や子供の抱っこなど、腰に負担がかかることが増えたこと、運動不足になったこと、また、職場では椅子に座っている時間が多く腰に負担がかかること*1から、産後、3回ほどぎっくり腰をやっています。*2

 

ぎっくり腰って、やると一週間程度まともに動けなくなるので、育児にも仕事にも支障をきたすんですよね…。

子供の抱っこばかりは仕方ないので、まずは、長時間座っている職場で腰の負担をなんとか改善できないかといろいろ調べ、購入したのがバックジョイでした。

スポンサードリンク
 

 

バックジョイとは?

椅子の上に置く、クッションというか補助椅子のようなものです。

ゆるいおわん型になっていて、骨盤を立つ形に支えることで、腰や背中への負担を軽減するというものです。 

こんな形(これは今回家用に買ったものです)。

f:id:udonmotch:20160516183104j:image

これを椅子の上に乗せて、その上に座ります。亀の甲羅型というか、ゆるいおわん型になっているのでグラグラしますが、フィットする場所を調整して座ると、テコの原理で骨盤が立つ形にホールドしてくれます。こうして骨盤が立つことにより、

  • 腰の重心にかかる体重が分散される
  • 自然と背筋が伸びる(というか背筋を伸ばした姿勢をとりたくなる)

という感じです。 

座り方にコツがあり、わりと深めに座ります。浅めだと、骨盤がしっかり支えられず、「?」という感じになります。

f:id:udonmotch:20160516183300j:plain

f:id:udonmotch:20160516183237j:plain

Backjoy Japan(バックジョイ) | よくあるご質問より

 

実際使ってみてどうだったか?

長時間座っているのが楽になった

長時間座っていると、特に腰の一箇所に力がかかってきて痛みを感じることが多かったのですが、それがかなり軽減されました!

おわん形でゆらゆら揺らすこともできるので、ゆりかご的に骨盤を動かし、リフレッシュすることも可能です。

肩こりが軽減された

職場では集中するあまりモニタに近づきすぎてしまい、猫背になってしまっていたため、慢性的な肩と首のこりに悩まされていました。残業が続くと、首や肩に刺すような痛みが始まる状態…。

バックジョイに座っていると、骨盤が立ち、姿勢的に背骨を伸ばすのがラクになるので、姿勢に気をつけるようになり、結果として肩こりが軽減されました。

 

なぜ家用を追加購入したのか?

今は産休中で、長く椅子でパソコン作業などはないのですが、なぜ家用も購入したのか?

私、思い出したのです。娘が生まれた時の授乳から、腰への違和感が始まったことを…*3

授乳はだいたいソファに座って行っていましたが、授乳はだいたい赤ちゃんの姿勢を変えながら30分程度行います。ちゃんと吸えているかや様子を見るので必然的にうつむき、猫背になります。そのため、腰に負担がかかるのです。

一人目の産前は腰痛を持っておらず、腰の負担が溜まり溜まった10ヶ月でついにグキッと言ったんだと思いますが、今はすでに何度かぎっくり腰をやってしまっている状態なので、早めに対策しておこうと思ったのが理由です。

(乳飲み子抱えてぎっくり腰とかホント考えただけでゾッとする…)

 

臨月妊婦でも使えていい感じ

この記事の執筆時点で36週の臨月妊婦ですが、妊婦も腰に負担が来る…(お腹に子どもや羊水含めて5kgとかを抱えていますし、重心が完全に変わってしまっているので…)

購入したバックジョイを、家事をやるときに座っているスツールや、食事時の椅子などに置いて使っていますが、楽!!

骨盤が立って背筋が伸びるので、お腹を圧迫しない姿勢を取ることができます。なので、腰の負担はもちろん、お腹もラクです。

早めに買っておけばよかった!と感じています。

 

最初は体感するのもオススメ

バックジョイは東急ハンズやロフトなどで取り扱いがあり、試しに座ってみることができる店舗がいくつかあるので、一度座ってみることをおすすめします。

Backjoy Japan(バックジョイ) | お取扱い店舗

 

また、バックジョイはサイズ展開が2サイズ(レギュラーとミニ)、素材が2種類(ポスチャープラス、リリーフグリップ)、計4種類の組み合わせがあります。

サイズについては、公式サイトによると体重60kgがだいたい分岐点とのことなのですが、どちらがよりフィット感が得られるかを試してみるとよりよいと思います。

(私の場合は、レギュラーだとすっぽり収まり過ぎて、骨盤が立つ感覚を得られませんでした)

素材については、私はポスチャープラスを使っています。これはクロックスと同じ素材だそうで、丸洗いできるということと、あとはポスチャープラスが一番硬くて骨盤を支える効果が高いということで、こちらを選びました。

詳細はこちらをご覧ください。

Backjoy Japan(バックジョイ) | よくあるご質問-バックジョイの種類と選び方

 

買うならどこで買う?

選択肢はだいたいこんな感じです。

店舗の場合

ネットの場合

  • 公式サイトのオンラインショップ
    Backjoy
  • Amazon、楽天など

正規代理店や公式オンラインショップだと、日本国内の正規輸入品価格となるので、素材にもよりますが5,000円〜7,000円程度になります*4

Amazon、楽天は並行輸入品の取り扱いがあり、並行輸入品のポスチャープラスの場合、5,000円弱程度から購入が可能です(正規輸入品の場合、6,000円強)。

 

ちょっと高めの値段がネックで、結局私は二回ともAmazonで並行輸入品を購入しました。

色やサイズ、素材によってかなり価格にバラつきがあるので、比較してみてください。

 

体重60kg未満の方向け、ポスチャープラス ミニ

ポスチャープラス、体重60kg以上の場合のレギュラー

*1:IT企業勤務なんですが、パソコンをヘビーユースする職場の宿命かなと…産前は職場で腰痛に悩む先輩を見て、「歳なんじゃないですか〜あはは〜」なんて言ってたんですけど、当時の私をぶん殴って正座させて説教したいです笑

*2:初のぎっくり腰は、娘が生まれて10ヶ月頃、近所のママ友と月例で行っていたランチ会で、会場の部屋のドアを開けた瞬間のことでした。左手でベビーカー、右手でドアを開けた体勢で完全に固まってしまったことを覚えています…なんとかランチ会をこなして帰ることはできたものの、それから一週間動けませんでした…

*3:帝王切開時に麻酔を刺したあたりが痛んだので、当初は麻酔のせいかと思っていたのですが今思うと完全に腰痛ですあれは

*4:ちょっと高いんですよね…