単角子宮で二児の母

単角子宮で一児の母のアラフォー会社員、単角子宮による切迫早産を乗り越え、無事二児の母となりました。単角子宮での妊娠・切迫流産や切迫早産・帝王切開の経験、育児と仕事の話、読んだ本などいろいろ書いていきます。

MENU

子連れで台湾!2017台北&台南編(5歳&0歳) 4)2日目後半。赤嵌楼を観光、裕成水果でおやつの後、花園夜市を満喫

年明けの台北・台南の話、のろのろとですが続きます*1

年明け、5歳&0歳の子連れで台湾(台北&台南)に三泊四日で行ってきました。
中日の二日は一泊二日で、新幹線を使って台南へのプチトリップもしてきました。

子連れ台湾2017 カテゴリーの記事一覧 - 単角子宮で二児の母

udonmotch.hateblo.jp

 

今回はその旅行記の第四回目。二日目後半、台南での観光やおやつなどなど。
台湾で最大規模と言われる花園夜市にも行ってきました!

【台湾旅行二日目の旅程】

●朝食後、台北から台南へ移動

 9:51 新幹線で台北発
 11:18 新幹線で高鐵台南駅着
  -台南中心部に出るため、ローカル線の沙崙線に乗り換え
 11:30 沙崙駅(高鐵台南駅直結)発
 11:55 台南駅着

●ランチ:赤嵌担仔麺で台南名物担仔麺をいただく<ここまでの記事はこちら

●観光:台南最古の建造物、赤嵌楼を観光<この記事はここから

●おやつ:裕成水果店で、旬の果物やかき氷を満喫

●夕食など:台湾最大規模の夜市、花園夜市で夕食&遊ぶ!

●台南泊

 

スポンサードリンク
 

タピオカミルクティを買って、いざ台湾最古の建造物、赤嵌楼へ!

タピオカの種類や、フレッシュな牛乳を選べる翰林茶館

f:id:udonmotch:20170202173008j:image

さて、赤嵌担仔麺で担仔麺や台南料理をたくさんいただいてお腹いっぱいになったので、お腹ごなしに観光です。

赤嵌担仔麺の並びにある、台南最古の建造物と言われる「赤嵌楼」へと向かいます。

赤嵌楼の向かいに「翰林茶館」というタピオカミルクティのお店を発見したので、テイクアウト。

お腹いっぱいですが、タピオカミルクティは別腹!貪欲に飲んでいきます。

この翰林茶館、ちょっと特徴的なことが2つ。

  • タピオカの種類で、白と黒が選べること。
    白と黒で大きさが違い、黒は大きめ、白は中華のタピオカココナッツミルクに入っている小さい白いつぶつぶのやつです。
  • ミルクティで普通の「牛乳」を選ぶことができること。
    以前の記事(台湾のタピオカミルクティ)で書きましたが、台湾のタピオカミルクティは粉ミルクが主流です。ですが、このお店では普通のフレッシュな牛乳を楽しめます!ぜひオーダーを。「鮮奶」が牛乳の意味です!

私は、白タピオカ&牛乳で頼んでみました。タピオカの粒が小さいと飲みやすいけど食べごたえはないわね…

 

いざ赤嵌楼(赤崁楼)

さて、赤嵌楼へ!!

赤嵌楼は、オランダ人によって1653年に作られた建物だそう。

台湾はオランダに統治されていた時代があり、オランダ統治時代の末期、統治に不満を持った市民の暴動が起きたため、その再発防止のために建てられた城郭がこの赤嵌楼。

オランダの統治が終わった後の赤嵌楼は、台湾全島の最高行政機構としての役割を持ったこともあるんだそうです。*2

赤や緑、水色などのカラーリングが、確かに和洋折衷的な気もします。

f:id:udonmotch:20170202153000j:plain

赤嵌楼では鯉の餌やりをすることができます

さて、赤嵌楼の建物の周りにあるお堀をのぞきこむと、鯉がたくさん。

f:id:udonmotch:20170202172903j:image

この鯉には餌やりができます。

餌はこの鯉型(!)の自販機で買うことができます。10元。
細長い筒状のプラスチックケースで出てきます。このプラスチックケースは、餌やりが終わったら、別の回収箱に入れるシステム。

子供はとにかく鯉の餌やりが好きなので、やむなく買いました…*3

f:id:udonmotch:20170202172914j:image

ところどころに見えるヤシの木が南国風情。

f:id:udonmotch:20170202153019j:plain

子どもたちは、餌やりの後は2つある建物を行き来して階段を登ったり下りたり…存分に堪能していました!

 

裕成水果で旬のフルーツとかき氷!

さて、お腹もこなれてきたところで、移動しおやつタイムです。

赤崁楼から500mほどのところに、「裕成水果」という、旬のフルーツとかき氷を食べられるお店があるのです。

台南はマンゴーを始めとしたフルーツの栽培が盛んな地域。街のいろいろなところで果物を楽しめます。

f:id:udonmotch:20170202173034j:image

こちらが裕成水果。店先には旬のフルーツが並んでいます!

f:id:udonmotch:20170202173046j:image

こちらはこの時期旬の果物、左側のゴツゴツした黄緑色の果物が「釈迦頭」(シャカトウ、台湾では「蕃茘枝」もしくは「釋迦」)、右側の平ぺったいりんごのような果物が「蓮華」(レンブー)です。

釈迦頭は台湾ではポピュラーな果物なのだそうなのですが、傷むのが早いため、日本にはほとんど輸入されないものなのだそう。

そんなん食べるしかないじゃないですか!

というわけで頼みました。

まずはレンブーと梨。

f:id:udonmotch:20170202173107j:image

レンブーの見た目は、ベル型のりんご、という感じなのですが、味わいもりんごに近いです。りんごと梨を足して二で割ったような歯ごたえと味。
りんご大好きな娘がパクパク食べたので、結局レンブーは追加しました。

そしてこちらが釈迦頭。

f:id:udonmotch:20170202173201j:image

黄緑のゴツゴツの中身は、房に分かれています。
房ごとに白くねっとりとした果実がついていて、中には黒い種が入っています。

この実が、何とも言えないおいしさ!!

バナナのような舌触りと甘さの中に、ブドウやパイナップルのような華やかな香りがあります。

いかにも南国らしい、なんだか癖になる味。

台北在住の友人は「ドリアンに似てるね〜」と言っていました。(私自身はドリアンを食べたことがないのでわからないのですが…)

 

そして、かき氷。

これまで台湾に3度来ているんですが、実はかき氷は初!

マンゴーの季節ではないのですが、フルーツの町で満を持して挑戦です。

今の旬はいちご!!いちごづくし!!ワオ!!!

f:id:udonmotch:20170202173123j:image

子どもたち大歓声。

練乳かき氷と果実感たっぷりのいちごアイス、そしてフレッシュないちごに魅了され、あっという間になくなりました…

 

台南の街並みを楽しみながらホテルに向かう

さて、散歩しがてらゆっくり歩いてホテルまで向かいます。

 

裕成水果の並びには駄菓子屋さんがありました。

今果物をお腹いっぱい食べたばかりの子どもたち、また大歓声とともに棚へ。

ひえーーー

f:id:udonmotch:20170202173411j:image

蜜餞はドライフルーツのこと。

蜜餞以外の駄菓子の品揃えは日本の駄菓子屋によく似ています。ミンツやチョコ、ベビースター風の麺など。

5元、10元という値段なので、それぞれ一つずつ選ばせました…いいんです、旅というスペシャルイベント中だから!

 

そして少し足を伸ばし、西市場という市場を覗きます。

夕暮れ前ということで、混み始めてつつある時間なのでしょうか。

f:id:udonmotch:20170202173431j:image

散策しようとしたら、「えー?かいものー?つまんなーいいい」と子どもたちに大ブーイングされたので、やむなく撤退…*4

古都だけあって、街並みはなんだかノスタルジック。

夕暮れという時間も相まって、なんだか不思議な感じです。九份にも似てるな〜

f:id:udonmotch:20170202173452j:image

 

台湾最大規模の夜市、花園夜市を散策

台湾名物のひとつ、夜市。

台北の夜市は、固定店舗のものが多いのですが、台南の夜市は「流動夜市」。

日本のお祭りの露店と同じタイプのものが集まって構成されており、曜日ごとに催される場所が異なります。

滞在中の土曜夜には、ちょうど台湾最大規模と言われる「花園夜市」が開催されるということで、夕食とともに散策してきました。

タクシーで近づくと、いきなり光の海が見えてきます。

それほどに大きい規模の夜市。

いきなり、大きなお祭りが出現した!という感じです。

f:id:udonmotch:20170202173506j:image

暗闇に突然現れるキラキラのお祭り。これが一夜限りで撤収されると思うと、ホント夢のお祭りって感じだなと思います。

お店の種類も色々!

f:id:udonmotch:20170202173532j:image

焼き菓子が好きな娘、いきなりベビーカステラにつかまりました。

ベビーカステラと言うには少し大きめの形。そして型もなんだかレトロ、ちょっと昭和感あります。

味もなんだか懐かしい、ふわふわのベビーカステラです。こう言うの子供の頃食べた食べた。

 

おやつだけではなく、夕食もここで取る予定なので、いくつかお店を回ります。

野菜を食べたい、そんなときには滷味(ルーウェイ)。

ルーウェイというと醤油や麻辣味のおでんのイメージがありますが、塩ダレタイプのものがありました。

塩ダレなら子どもたちも食べられそう!ということで、そのお店をチョイス。

ザルの中に、好みの具材をどんどん入れていきます。

丸鶏をぶつ切りにしたものやモミジ*5、ぐねぐねした内臓と思しきもの、イカやエビなどの海産物、干し豆腐、練り物、湯葉、ゴーヤや青菜、タケノコなどの野菜…

迷う!!迷います!!

私は長女が好きなブロッコリーと鶏肉、私が台湾でいつも食べたくなる「龍髭菜」、コラーゲン多そうなモミジなどを選びました。

下の写真にあるのが「龍髭菜」。キュッキュッとした独特の歯ごたえが癖になります。

f:id:udonmotch:20170202173552j:image

具材を入れたザルを店員さんに手渡すと、手早く包丁でぶつ切りにした上で、塩ダレで和え、ビニール袋に入れられて手渡されます。

f:id:udonmotch:20170202173746j:image

その他、蛤の酒蒸しや麺線などを買い込みました。

f:id:udonmotch:20170202173757j:image

フードコード形式かと思いきや…

みんな露店で買ったものを、露店と露店の間にある席について食べています。

ものすごい活気!

f:id:udonmotch:20170202173810j:image

フードコートのような感覚なのかな、と私たちは何も考えずに露店と露店の間の席に座ったのですが、座るやいなや、「なんかたのめ!」と隣の露店から店員さんが飛んできてびっくり。

どうやら、露店ごとに席があるらしく、席についたらそのお店のものを頼まないといけない仕組みだそう。

フードコートのようなフリーエリアはなさそうな感じです…

というわけで、露天で買ったものに追加して、ポークチョップ的な昭和感あふれる洋食を食べることになりました笑

 

屋台メニューでわいわい夕食

さてさて、屋台メニューいろいろ、いただきます!

まずは塩ダレルーウェイ。

おおー、ニンニクとごま油が効いたタレがおいしい!!!

娘に好物のブロッコリーをすすめますが、夜市の特殊な熱気の中だと、野菜には目も向けてくれません*6

なんとか数切れ食べさせて、あとは大人でつまみます。もみじおいしー。骨周りのコラーゲンがたまらんな。

かつおダシが効いた麺線も、蛤もおいしいです。ビールーーーー(授乳中…)

あっ、台湾の夜市には基本的にはビールがないのですが*7、ここ花園夜市では、遊戯系の露天の近くで缶ビールが売ってます!飲みたい人にもオススメの夜市です笑。

 

そして思わぬヒット作がサツマイモのポンデケージョ。地瓜球という名前で売られています。

台北友人の長男くんがおやつに買ってきたものを勧めてくれたので、ひとつもらったところ…う、うまい!!

モチモチ食感にサツマイモの素朴な甘みがたまりません。ドーナツ大好きな娘と思わず顔を見合わせ笑、友人長男くんにお店を教えてもらって一袋買いに走りました。

買った一袋は、私と娘でペロリと瞬殺。

夫の要望でさらにもう一袋買うほどのヒットでした!

地瓜球は熱いうちがおいしいそう。皆さんもぜひ瞬殺で!

(ここまで熱く語りましたが、これらの食べもの、お腹が空いていたのと熱気に当てられて写真を撮ることも忘れてみんなであっという間に平らげてしまい、気がついた時には空の容器だらけになってました…ので写真はありません…)

 

腹ごなしにお散歩、そしてゲームで遊ぶ

さて、お腹がある程度満たされたところで、露店を覗きながら歩きます。

人が多いので、迷子にならないように子どもたちには常に気を配り、声をかけながら。

異国なので迷子になったら大変!一瞬でも姿が見えなくなるとヒヤヒヤ…

f:id:udonmotch:20170202173830j:image

豆花のお店かな?色とりどりのトッピングが並んでいます。

f:id:udonmotch:20170202173845j:image

こちらは串焼き。にくーーー。そそられる香りです…

f:id:udonmotch:20170202173900j:image

なんとお寿司もありました。コーンやカニカマ、火を通したエビやイカなどが多いのですが、一部、お刺身を乗せた握りも。

気になったのですが、さすがに勇気が出ず…

f:id:udonmotch:20170202173926j:image

焼きとうもろこし屋台では、こんな不思議な色のとうもろこしも発見!日本ではなかなか見ないな〜〜

f:id:udonmotch:20170202173913j:image

うずらの卵の目玉焼き、なんてのもありました。

卵大好きなので思わず購入。味付けは、塩コショウや醤油味、麻辣味、カレー味など数種類あり、迷ってしまう! 

悩んだ末、麻辣味をチョイス。ふりかけのようなものをかけて紙袋で混ぜる、フリフリポテトタイプの味付け方法。人差し指と親指で作った丸ほどのプチ目玉焼きを、竹串で刺していただきます。

完全にプチ目玉焼き。麻辣味だしビールに合いそうだな〜。ビールーーーー(2回目)

 

この他、胡椒餅やパパイヤミルクなどをつまみつつお散歩*8

 

お腹がいっぱいになった子どもたちは、スマートボールや射的などゲームで遊ぶ方にシフトチェンジ。

言葉がわからないながらも目を輝かせて挑戦して、キッチュな商品をゲットしている姿を見ると、なんだか自分も童心に帰ってしまうのでした。

 

こうしてたっぷり食べて、遊んで、気づくと21時!!慌ててタクシーを拾い、ホテルへ帰ります。

少し夜更かししすぎてしまいました…

手早くシャワーを浴び、就寝。

明日は、安平樹屋という、「台南のラピュタ」とも言われる?、ガジュマルに覆い尽くされた名勝を見に行く予定です。

 

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村

*1:息子の成長やら、春に迫った復職の話など、他に書きたいこともあるんですが、とりあえずこの2日目だけは終わらせなければ…!という使命感で書いています笑

*2:そうそう、台南は台湾の昔の都なのです。京都みたいなものらしい。

*3:なんで子供って鯉の餌やり好きなんだろう…どこに行っても餌やりせがまれるわ〜

*4:子連れ旅行あるある

*5:鶏の足というか手というか、そういうやつです

*6:子供あるある

*7:なので、お酒は基本的に付近のコンビニなどで購入

*8:どれだけ食べるのか…お祭り露店の魔力…こわい