単角子宮で二児の母

単角子宮で一児の母のアラフォー会社員、単角子宮による切迫早産を乗り越え、無事二児の母となりました。単角子宮での妊娠・切迫流産や切迫早産・帝王切開の経験、育児と仕事の話、読んだ本などいろいろ書いていきます。

MENU

子連れで台湾!2017台北&台南編(5歳&0歳) 3)2日目前半:新幹線で台南へ!名物駅弁の台鐵便當や、赤嵌担仔麺を満喫

年明け、5歳&0歳の子連れで台湾(台北&台南)に三泊四日で行ってきました。
中日の二日は一泊二日で、新幹線を使って台南へのプチトリップもしてきました。

子連れ台湾2017 カテゴリーの記事一覧 - 単角子宮で二児の母

udonmotch.hateblo.jp

 

今回はその旅行記の第三回目。二日目、いよいよ台南へのプチトリップです。

【台湾旅行二日目の旅程】

●朝食後、台北から台南へ移動

 9:51 新幹線で台北発
 11:18 新幹線で高鐵台南駅着
  -台南中心部に出るため、ローカル線の沙崙線に乗り換え
 11:30 沙崙駅(高鐵台南駅直結)発
 11:55 台南駅着

●ランチ:赤嵌担仔麺で台南名物担仔麺をいただく<この記事はここまで

●観光:台南最古の建造物、赤嵌楼を観光

●おやつ:裕成水果店で、旬の果物やかき氷を満喫

●夕食など:台湾最大規模の夜市、花園夜市で夕食&遊ぶ!

●台南泊

スポンサードリンク
 

 

台湾二日目の朝です。

本日は、9時半に友人家族と台北駅にて集合し、9:51台北発 11:18台南着の新幹線(台湾高鐵)に乗って台南へ向かう予定です!

朝食はホテル近くで、肉まんやサンドイッチをテイクアウト

朝目が覚めて…お腹すいたー。

私たちはできるだけ現地のローカルなものを食べたい!というのがあり、食事なしで宿を取ることが多いです。

なので今回も朝食なしのプラン。ただ、この日はあいにくの雨。子どもたちも移動の疲れでなかなか目覚めそうになかったので、ホテル近くのお店でいろいろテイクアウトしてくることにしました。

ホテルは台北駅付近。
台湾の人たちは朝食をテイクアウトで買って学校や職場で食べることも多いらしく、駅の裏手にはテイクアウトのお店がたくさん並んでいます。

f:id:udonmotch:20170130135332j:image

小雨の中調達してきたのは、

・老蔡水煎包の肉まん・キャベツまん、豆漿(豆乳)

www.taipeinavi.com

三種類の肉まんを買うことができます。肉まんとはいうものの、信州のお焼きや、皮が分厚めの焼き小龍包に近いです。大きさは小さめ。手のひらよりふた回りくらい小さいです。
「鮮肉包」:肉まん、「高麗菜」:キャベツまん、「韮菜包」:ニラまん
肉まんは、中華街の肉まんのようにひき肉メインのむっちり食べごたえのあるお焼き。
キャベツまんは、キャベツと春雨の炒め物が入っているお焼きのような感じでした。
うまい!肉汁がぼたぼた垂れるので食べる時に注意。一個13元だったかな。

・老蔡水煎包の並びのお店で買ったジャムサンド

朝食を売っているお店には、大抵お店の前に机が置かれて、無造作にジャムサンドやハムチーズサンドが並べられています。好きなものを選んでおばちゃんに「ニーハオ」と話しかけてお会計。
今回はブルーベリージャムっぽいサンドイッチを買いました。10元。豪華な具のものは15元でした。
サンドイッチ屋さんでは、卵焼きやハムチーズ入りのホットサンドなども作ってくれます!

・コンビニのドリップコーヒー

ホテル近くのコンビニ「Hi-life(萊爾富)」にてコーヒーをテイクアウト。日本のコンビニコーヒーのように、レジで会計して入れる方式です。

 

急いで買ってきて、ホテルの部屋でのんびり朝食にしました。

その他、5歳の長女には日本で買ってきておいたミニパンを添えたり、0歳の長男には、持参してきたベビーフードを。

 

台北駅で待ち合わせ。新幹線に乗る前に、名物駅弁を! 

お腹を満たして荷物をまとめたら、台北駅へ。

台北駅の中央コンコース。繁体字の「臺北車站」の文字。テンション上がるわ〜

f:id:udonmotch:20170130135350j:image

台北駅の2階にはフードコートもあります*1。お土産屋さんもたくさん〜

今回は、この中で台湾の駅弁を買っちゃいます。

台北駅には、「臺鐵便當本舗」という台鐵が販売する駅弁のお店があり、排骨(パーコー、豚のスペアリブの煮物)がどーん!野菜のおかずがドーン!な駅弁があると聞いていたのです。

朝食を少し軽めにしたのはこれが理由!

www.taipeinavi.com

f:id:udonmotch:20170130135404j:image

お店は、土日の朝というのにお弁当を買い求める人が絶えません。

看板メニューは「傳統排骨便當」なのですが、時間が早すぎたせいか、あいにく並んでおらず…

同じくパーコーが乗っていて野菜のおかずもたっぷりの「八角排骨便當」(80元)と、ベジタリアン向けの「素食八角木片盒便當」(80元)をゲット。

(買ったお弁当の写真は後ほど!)

あ、このお店、袋がもらえないのがデフォルトなので*2ご注意を!

さあ、新幹線(高鐵)に乗ります

お弁当を買い、友人家族とも無事合流!

地下の高鐵(新幹線)ホームから、さっそく新幹線に乗り込みます。

f:id:udonmotch:20170203131746j:image

新幹線のフォルムは日本のものと変わりません。

内装も日本の新幹線にそっくり。てかそのまま?

f:id:udonmotch:20170130135433j:image

こんな感じで、2列・3列になっています。私たち家族は4人なので、2席を前後に取り、向かい合わせのボックスになるように向きをチェンジ。

駅弁、オープン!

無事新幹線も動き出したところで!!待望の駅弁!!さっそく開きます。さっき朝食食べたばかりだけどw

まずは、「八角排骨便當」。

f:id:udonmotch:20170130135417j:image

白いご飯の上に、甘辛く煮付けられたパーコーがドーン。八角の香りが少ししますが、予想よりも香りも塩加減も優しい味です。パーコーの左にある揚げ物はお魚の揚げ物でした。その他、キャベツや青菜、高菜などが乗っています。向かって右の茶色い丸いものは煮玉子。しっかり味がしみていておいしいです!

野菜が多いので、バランスよく食べられた感が嬉しい。白ごはんはけっこうしっかり入っています。

そして、こちらはベジタリアン向けの「素食八角木片盒便當」。

f:id:udonmotch:20170130135449j:image

「八角排骨便當」の肉や魚のおかずが、ベジタリアン素材のものに変わっています。
パーコーの代わりに甘く煮付けられた湯葉。魚の揚げ物や煮玉子の代わりに、昆布巻やはんぺんっぽいもの(通常のはんぺんは魚のすり身なので、何か別のもので再現しているんでしょうね…)があります。

肉や魚がなくても食べ応え十分!台湾ではついつい食べ歩きに走って食べすぎてしまいがちなので、時々こういうヘルシーなものを食べられるのはかえってうれしい。

台湾は、仏教への信仰が深い人が多く、そのため殺生を避けて精進料理=ベジタリアンフードを食べる人が一定数いるのだとか。
「素食」がベジタリアンフード、の意味のようです。

 

車窓の風景

新幹線はのんびりと田園地帯を走っています。

雰囲気的には沖縄に似ているかな。石垣島と台湾が実は目と鼻の先なんですよね*3

日本の田園風景によく似ていますが、植生が南国っぽいので少し不思議な感じがします。

f:id:udonmotch:20170203131805j:image

車中、長女はお絵描きをしたり、たまごっちをしたり。長男はシートの上でおすわりしたりモニョモニョ動いたり。それぞれ思い思いに過ごします。

長男がウン発射により一度オムツ替えへ。

台湾新幹線でのオムツ替えはトイレで可能

オムツ替えは、新幹線内の女性用トイレもしくはバリアフリートイレで可能です。

台灣高鐵 Taiwan High Speed Rail - サービス案内(日本語です)

女性用トイレにあるのは飛行機のトイレと同じような簡易的な折り畳みベッドです。
なぜかベッドが便器の真上にあるのでご注意を!長男をつるんと落として流してしまうんじゃないかとヒヤヒヤしながらのおむつ替えでした笑。

 

台南到着!

そして、なんとか大きくぐずることなく、無事台南に到着。よかった〜〜〜。

f:id:udonmotch:20170130135504j:image

ローカル線「沙崙線」に乗って台南中心部へ

さて、この旅行記の最初に書きましたが、(高鐵)の台南駅は台南中心部からは離れたところにあります

在来線(台鐵)の台南駅までは、高鐵台南駅と直結している台鐵「沙崙」駅から、台鐵沙崙線に乗って30分ほど。
沙崙線は、沙崙-台南間をつなぐローカル線です。一時間に数本しかないのでご注意を!!

沙崙線でももちろん悠遊カードが使えます。

台湾版Suica、「悠遊カード」

と書いて、ここまで書くのをすっかり忘れていました。

台湾にもSuicaのような非接触ICカード乗車券があります。
それが「悠遊カード」。
台湾の主要な街の電車やバスに対応しています。

台北駅や、台北地下鉄(MTR)の各駅で購入可能です。「悠遊卡」という表示がついた自販機で購入可能です!

f:id:udonmotch:20170130135520j:image

沙崙線のホーム。ローカル感たっぷり。

のんびりした雰囲気の車両に乗って、田園地帯を抜けながら、30分ほどひた走ります。

f:id:udonmotch:20170206131317j:image

窓は雨風にさらされたままで、なんとも味わい深い車両。

f:id:udonmotch:20170206131331j:image

中州。ナカス、としか読めない日本人。

そうこうしているうちに、台鐡台南駅に着きました!

f:id:udonmotch:20170130135538j:image

レトロな駅です。昭和っぽい、ローカル線っぽい、懐かしい佇まいです。海外に来た!という感じの駅。

沙侖線の時刻表を改めて見てみると、やはり本数は少なめ。帰りの新幹線に合わせた時間をチェックしておきます。

f:id:udonmotch:20170202172841j:image

台南駅の駅構内。かわいいー。なつかしいー。

プラットフォームを「月台」と書くんですが、なんかそれも可愛い。

f:id:udonmotch:20170202152948j:image

まずは台南名物担仔麺を求めて

さて、台南に着いたのはちょうどお昼時。
まずは、台南名物と言われる担仔麺を食べに行きます。

台湾で担仔麺というと、台北にもお店がある度小月が有名ですが、今回はせっかく台南に来たので、台南にしかお店がない名店を求めて、赤嵌担仔麺に向かうことにしました。

台南最古の建造物と言われる赤嵌楼のほど近くにあります。

台南駅から歩いて15分ほどということなのでのんびり歩きます*4

f:id:udonmotch:20170202152933j:image

台南は、台北より道が広く、台北よりバイクが多い印象です。

台南の赤嵌担仔麺!担仔麺もその他のメニューも激ウマ。

さて、台南の赤嵌担仔麺に着きました。

f:id:udonmotch:20170206181533j:image

お店は意外と広く、二階まであります。老舗の料理店という感じの内装です。

メニューには日本語のものがあります。(こんな感じ→赤嵌担仔麺メニュー
食べたいメニューに丸をつけて数量を書いて渡すだけなので、オーダーは簡単。ホッ。

担仔麺以外の台南料理も豊富だったので、悩みに悩んで、

  • 担仔麺
  • 蚵仔煎(オアチェン、牡蠣オムレツ)
  • 青菜炒め
  • エビロール
  • 滷味(ルーウェイ、具材を選んで味付けしてもらう、おでん・炒め物のような食べ物です)

あたりを頼みました。担仔麺は、細めの中華麺の他、フォーのような米粉の平麺も選べます*5

滷味は、レジ横に具材がたくさん並んでいるスペースがあるので、そこでお茶碗に好きな具材を選んで盛り、レジの人に渡すと、ぶつ切りにして炒めてくれるというシステム。

f:id:udonmotch:20170130135555j:image

料理がどんどん運ばれて来ました!

f:id:udonmotch:20170130135655j:image

担仔麺。だしがきいた醤油ベースのスープに、ニンニクががっつり効いた肉味噌!スープは肉の旨みを感じながらも柔らかい味付けなのですが、そこに肉味噌のニンニクパンチが効いていて絶妙なバランスです。うんまい!!!

麺類大好きな子どもたちもつるつる食べてます。麺は正義。

 

f:id:udonmotch:20170130135612j:image

こちらは蚵仔煎。プリプリの牡蠣がたくさんです!。
日本のオムレツよりは、どちらかというとお好み焼きっぽい食感です。
ベトナムのバインセオに近いかな。バインセオ風の薄いオムレツに、甘みの強いあんかけがかかっている感じです。

蚵仔煎自体は台北でも屋台などで食べられますが、台南では牡蠣やエビの養殖が盛んだそうで、そのため蚵仔煎やエビロールがよく食べられているのだそうです。

 

f:id:udonmotch:20170130135627j:image

青菜炒め。ほうれん草でした。こちらもニンニクパンチが効いた肉味噌が乗っています。うまーい。

写真は撮れていませんが、パリパリのエビロール(エビ春巻きという感じです)に滷味も美味しかった!

名店です!!

f:id:udonmotch:20170130135711j:image

お昼のピークが終わった時間帯だったので、お店の前のテラス席で、店員さんたちが代わる代わるまかないを食べてました。

 

赤嵌担仔麺

住所:台南市民族路二段180号(赤嵌楼の並びです)

台南駅からは徒歩で15分ほど。

台南駅から赤嵌楼行きのバスもあるのですが、台南駅のバスターミナル、北京語がわからないとまず解読できないややこしさなので、徒歩かタクシーをおすすめします…

 

担仔麺を食べたら、並びの赤嵌楼を観光し、子どもたちが大好きな果物を食べに行きますよー!

 

これまでの子連れ台湾旅行記はこちらから。

udonmotch.hateblo.jp

 

旅行の際は、飛行機と宿の予約が便利でANAマイルが貯まる「旅作」をよく使ってます!

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村

*1:一応台湾グルメを網羅できますが、台湾にしてはかなり高価です。一人あたり日本円で1,000円はかかりそう

*2:言えばもらえるのだと思うのですが、とっさに言葉が出ず、行列に押されてそのまま出てしまいました…

*3:石垣島をドライブ中、北京語のラジオ電波を拾ったことがあります

*4:8歳・5歳・3歳・0歳の子連れなので、実は当初バスで近くまで行くことを考えていたのですが、行き先を間違えてしまい、なんとか台南駅に戻ったものの、該当のバスの本数が少なかったこともあり、結局台南駅から歩くことに変えたという経緯があります…

*5:メニューではなぜか「うどん」と訳されてます笑