読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単角子宮で二児の母

単角子宮で一児の母のアラフォー会社員、単角子宮による切迫早産を乗り越え、無事二児の母となりました。単角子宮での妊娠・切迫流産や切迫早産・帝王切開の経験、育児と仕事の話、読んだ本などいろいろ書いていきます。

MENU

子連れで台湾!2017台北&台南編(5歳&0歳) 2)1日目、台北到着。タピオカミルクティや檳榔の花の和え物を楽しむ

育児-子連れ旅行 育児-育児な日々 好きなこと-たべること 育児-子連れ旅行-子連れ台湾2017

年明けに、5歳&0歳の子連れで台湾(台北&台南)に三泊四日で行ってきました。
中日の二日は一泊二日で、新幹線を使って台南へのプチトリップもしてきました。

udonmotch.hateblo.jp

 

前回から少し日が空いてしまいましたが、旅行記少しずつ書いていきたいと思います。

お店など台湾旅行のお役立ち情報も書いていきますね〜

【台湾旅行一日目の旅程】
●羽田から台北・松山空港へ
 12:40 東京羽田発
 15:50 台北松山着(※着時間は現地時間。飛行時間は4:10です)
●移動:松山空港からホテルがある台北駅へ
●おやつ:台北駅でタピオカミルクティ!「樺達奶茶」
●ホテルにチェックイン後、友人家族と合流
●夕食:「塗姆埔里小吃」で檳榔の花(!)や郷土料理を楽しむ
●台北泊

スポンサードリンク
 

羽田空港から 

子連れということもあり、12:40羽田発とのんびり目の便で行く予定。
台北着は現地時間の15:50の予定です。

免税を見たり、現地で合流予定の台北在住の友人家族へのお土産を買うために、少し早め、10時頃に羽田国際線ターミナルへ。

0歳7ヶ月の長男のためにベビーカーを荷物で持ち込んでいるので、チェックイン後は、航空会社*1のカウンターでベビーカーを借ります。
空港のベビーカーは、搭乗口まで借りることができます!

尚、ベビーカーはチェックイン時でなく、搭乗口で荷物として預けることも可能です。ただ、その場合は荷物で出てくるのが最後になってしまうので(搭載が最後になるため)、今回は先に預けてしまい、空港内は借りることにしました。

機内での過ごし方

海外旅行での大きな懸念の一つは機内での過ごし方。ぐずり対策ですね。

長女は保育園の年長ということもあり、持ってきたホワイトボード(nu board)でお絵かきをしたり、機内プログラムを自分で操作しながら優雅に楽しんでいました笑*2

長男はまだまだ一人遊びもできないし、気圧の変化でぐずってしまうくらいなので、折を見て授乳したりしながら過ごします。
今回はしなくて済んだのですが、どうしてもぐずってしまう場合は、抱っこ紐で揺らしながらトイレ前あたりをうろうろなんてこともします。

ちなみに、ANAやJALに子供と搭乗すると、国際線・国内線いずれでもおもちゃがもらえます。ANAの場合、トランプや飛行機型の風船、時計風のおもちゃなど。今回は長男に飛行機風船、長女は時計のおもちゃをいただいていました。

機内食(キッズミール、ベビーミール) 

機内食は、飛行機の予約時に、長女にはキッズミール、長男にはベビーミールを手配。

キッズミールは2〜5歳の幼児向けの食事です。
行きの便は、おにぎり、チーズハンバーグ、ウィンナーなど。コアラのマーチ的な小さなお菓子もついています。子供受けしそうなメニューでした*3

ベビーミールは、離乳期の赤ちゃん向けの食事です。
離乳食中期の柔らかめの温かいごはんとおかずのセットの他、バナナ、離乳食初期用の瓶入りベビーフード、赤ちゃんせんべいなどがありました。当時バナナはまだ与えていなかったので、瓶入りベビーフードと赤ちゃんせんべいをメインで*4

写真を撮りたいところだったのですが、なんでも手を伸ばしたい長男に、「あーお菓子ー!」とお菓子から食べようとする長女を制するのに精一杯で写真は撮れず…すみません…

www.ana.co.jp

f:id:udonmotch:20170130135115j:image

そうこうしているうちに、幸い大きなギャン泣きもなく*5台北、松山空港に到着。松山空港は、地下鉄「松山機場」駅(機場というのは空港の意味)と直結しており、アクセスはかなり便利です。

あいにく、台北滞在中の天気は雨予報。外を見るとしっとり小雨が降っているようです。

松山空港から台北駅まで移動

私たちは台北駅近くに宿を取っていたので、地下鉄で台北駅まで移動します。
「松山機場」から文湖線「動物園」行きに乗り、「南京復興」で赤色の路線、淡水信義線「淡水」行きに乗り換え。

台湾地下鉄には日本語サイトがあるので便利

台湾の地下鉄「台北捷運」、なんと日本語のモバイルサイトがあります。便利!
わたしたちはこちらのサイトやGoogleマップを駆使して目的地へ向かっていました〜

台北捷運(MRT)公司モバイルサイト

 

台湾でベビーカーは「電梯」

f:id:udonmotch:20170130161445j:image

台湾でエレベーターは「電梯」です。今回の旅ではベビーカーを持ち込んだので、電梯にはずっとお世話になりました。

f:id:udonmotch:20170130135136j:image

さて、乗換駅の南京復興にて。乗り換えのエレベーターから外の様子が見られたので覗いてみると、台北の街には相変わらずの小雨。

淡水信義線に乗り換え、台北駅に着きました。台北滞在時はいつも台北駅前に宿を取っているので、なんだか懐かしい感じ。また来たね!という感じです。

f:id:udonmotch:20170130135152j:image

台北駅「樺達奶茶」でこの旅初のタピオカミルクティを

台湾に来たら毎日タピオカミルクティを飲まずにいられない私…

f:id:udonmotch:20170130135208j:image

台北駅地下の誠品書店近く、スタバの並びにドリンクスタンドを発見したので早速購入。
プーアール茶のミルクティのものを頼みました。プーアールだけあってさっぱり。60元(約240円)でした。

なお、この「樺達奶茶」、高雄発祥のドリンクスタンドで、現地では大人気なのだそう。知らなかったー

台湾のタピオカミルクティ

台湾のドリンクはだいたい糖度が選べます。「全糖」「半糖」「微糖」「無糖」とありますが、全糖だと、日本人には激甘…!!!
微糖あたりがちょうど美味しく飲めます。現地でもダイエッターや健康に気を使う人は無糖などを選ぶのだとか。

氷の有無も選ぶことができます。

ちなみに、台湾のミルクティ、多くは粉ミルクが使われているのだそうです。たまにフレッシュな牛乳を選べるところもあります。そういう場合は「鮮奶」がフレッシュな牛乳、という意味だそう!(「奶茶」がミルクティーの意味です)

チェックイン後、夕食へ。紹興酒の里の郷土料理を

台北駅近くのホテルにチェックインし荷物を整理、ひと休みした後、台北在住の友人家族と夕食をとるために再び台北の街へ。
友人家族とは明日から台南へのプチトリップも一緒に行く予定です!
夕食は、友人がよく行くという、郷土料理のお店「塗姆埔里小吃」にて。

tumudelicious.blogspot.jp

※上記は公式サイト。基本北京語ですが、右メニューから見られるお料理のメニューは、日本語訳も書いてあります!

www.taipeinavi.com

台湾産紹興酒の名産地であり美食の街としても知られる埔里の郷土料理が食べられるお店とのこと。

野菜たっぷりのお料理を食べられ、特に珍しいのが檳榔の花を使ったお料理だそう!
台湾では檳榔の花は一般的な食材なのだそうですが、台湾で檳榔というとなんだかアンダーグラウンドな香りがする*6し、食べられるの??とドキドキ。

とても楽しみ!
お店は天母という地域にあり、地下鉄淡水信義線「芝山」駅もしくは「石牌」駅からタクシーかバスとのこと。
初日で雨ということもあり、石牌駅で友人家族と待ち合わせ。

再開を喜び合った後、タクシーでお店へ向かいました。

f:id:udonmotch:20170130135234j:image

台北のタクシーの乗り方や注意点

捕まえ方、行き先の伝え方

タクシーは、日本と同様、「空車」の場合は 運転席のところや屋根の上の行灯が点灯しているので、手を挙げて止めればOK。

タクシーに乗る際、台北市内であれば、だいたい、住所を見せれば目的地を理解してもらえることが多いです。

私たちはだいたいスマホで住所や地図を見せながら、ブロークンイングリッシュと身振り手振りで伝えていました*7

挨拶は下手でもいいので北京語で伝えるとスムーズ!你好、謝謝はタクシー以外でもコミュニケーションの初めと終わりに重宝します。

タクシーの運賃

タクシーの運賃は、東京の感覚から行くとがなり安いです!1/3から1/5程度ですね。初乗りは1.25kmまで70元、約280円です。

尚、深夜料金はメーターの料金に追加で20元必要です。

台湾にはチップの習慣はないのでチップは基本不要です。ただ、ベビーカーや荷物をトランクに乗せてもらうことが多かったので、その際は、お釣りはいりません、的な形で10元ほど渡すことが多かったです。

注意点:タクシーのドアは手動です!

注意点としては、台湾のタクシーは日本とは異なりドアが手動です。乗り降りの際は自分でドアを閉めましょう。初台湾の時は、降りた後、日本の感覚でついドアをそのままにしてしまい、呼び止められたことが何回か…(恥)

 

檳榔の花、ウマイ…!

さてさて、お店。
お店の奥の円卓を友人が予約してくれていました。
メニューを見ると、あったあった、檳榔の花!檳榔の花は、和え物の他、蟹肉との炒め物もあるようです。友人のお気に入りという和え物をチョイス。

他にも、サトウキビの芯やら酸っぱいタケノコ??やら、南国らしい、なかなかお目にかかれないものが並びます。

時期によってはなんと昆虫系も食べられるらしい…それはさすがにパス…*8

塗姆埔里小吃: 呷青菜(野菜のメニュー。タケノコ系がやたら多い)

塗姆埔里小吃: 埔里山珍野味(変わり種メニュー)

檳榔の花とサトウキビの芯の炒め物の他に、友人オススメのかぼちゃのパッションフルーツ漬けと、子どもたちが好きそうな、焼きビーフンや炒飯、牡蠣のオムレツ、焼豚と腸詰めのセットなどをオーダー。

待つこと少し、きたきたー!

f:id:udonmotch:20170130135252j:image

こちらが檳榔の花の和え物、「涼拌半天花」。
食感は、よく戻した切り干し大根とかのような、シャキフニャな感じ。食べていても口の中がしびれてくることはありません。安心・笑。
パクチーたっぷりで、ごま油とにんにくがガッツリ効いていてうまーい!!
ビール!!!!!!*9

f:id:udonmotch:20170130135306j:image

完全にボケちゃってて写真としては全然ダメですが、とりあえず雰囲気だけでも。
左手前のがサトウキビの芯の炒め物、その奥が牡蠣のオムレツです。紹興酒の瓶の左がかぼちゃのパッションフルーツ漬け。わかりませんね。ごめんなさい…

個人的には、檳榔の花の和え物と、かぼちゃのパッションフルーツ漬けが大ヒット!
かぼちゃは、漬物にしていただくと、なんというかちょっとウリっぽいような、歯ごたえがある茄子っぽいような、何とも不思議な味わいでした。さっぱりしたパッションフルーツと合う合う!

その他の食べ物も、だしが効いた優しい味わいに、時々にんにくや香草がぴりっと効いてきて、何ともおいしいお料理ばかりでした。

満腹ー。

子供らは、上から8歳、6歳(男子)、5歳、3歳(女子)ということで早々に食べ終わってきゃいきゃい盛り上がっていましたが…

駅でドリンクを買ってホテルへ

お店でタクシーを呼んでもらい、友人家族とは明日の日程を確認しあった後解散。

石牌の駅にあるドリンクショップ「CoCo」でフルーツジュースやタピオカミルクティを買って、地下鉄に乗り込み、ホテルへ。

f:id:udonmotch:20170131131956j:image

さっそくおいしいものをたくさん頂いて、翌日からの台南も楽しみです!!

続きはこちらです〜

udonmotch.hateblo.jp

 

子連れ台湾2017の記事はこちら 

udonmotch.hateblo.jp

 

それ以前の子連れ台湾旅行の記事はこちら

udonmotch.hateblo.jp

udonmotch.hateblo.jp

udonmotch.hateblo.jp

 

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村

*1:ANAで行きました

*2:プリンセスソフィア、ドラえもん、クレヨンしんちゃん、おさるのジョージなどの定番子供向けコンテンツの他に、なんと「君の名は。」を見てました。おっとなー!!!

*3:長女は見た目が変わったものを食べるのが嫌いな超保守派なので、なだめすかしてやっと食べましたが…

*4:そしてバナナは虎視眈々と狙っていた長女のお腹の中へ

*5:よかった…

*6:台湾では、嗜好品として檳榔の種を噛みタバコのように楽しむ習慣があったそうです。今も売られていますが、店構えはかなりアングラな雰囲気です… 参考:ビンロウ - Wikipedia

*7:台北に住んで数年の友人は日常会話程度の北京語が話せるので、北京語でやりとりしていました

*8:ソウルでポンテギを食べてひどい目にあったことがありますww

*9:授乳中なので泣く泣く諦める…