読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単角子宮で二児の母

単角子宮で一児の母のアラフォー会社員、単角子宮による切迫早産を乗り越え、無事二児の母となりました。単角子宮での妊娠・切迫流産や切迫早産・帝王切開の経験、育児と仕事の話、読んだ本などいろいろ書いていきます。

MENU

毎年この時期だけのお楽しみ、生あんず

先日、第二子の長男を出産しましたが、あっという間にそろそろ新生児期(生後4週間)を過ぎようとしています。

今回、二人目にも関わらず授乳時の乳首の痛さに挫折しそうになった母乳育児もなんとか軌道に乗ってきて、息子はぷくぷくと順調に二重アゴとちぎりパンのような手足になってきました。なんとか今回も母乳でいけそうです。ひと安心。

(ただ、上の子の時に完全母乳で哺乳瓶を受け付けなくなり、しばらく夫にすら預けられなくなり困った経験があったので、今回は1日1回夜に少量だけミルクを足しています)

 

で、題名の話です。

我が家では毎年この時期、生あんずを楽しんでいます。

何年か前に雑誌か何かで、長野県の千曲市で、この時期だけ生のあんずが食べられると知ったのがきっかけ。

スポンサードリンク
 

 

それまで生あんずを食べたことがなかったのですが、ジャムや干しあんずとは違う、柔らかな風味やフレッシュな香りの虜に!

それ以来この時期は生あんずをお取り寄せしたり、時には家族や友人とあんず狩りに行っているのです。

こちらは昨年狩りに行った時の写真。生のあんず(とくに生食用の品種のハーコット)はけっこう大きいです。大きめのプラムくらいかな。

(蛇足ですが、昨年は友人家族とともに、あんず狩りと一緒に軽井沢あたりを回る一泊旅行をしました。軽井沢におもちゃ王国というテーマパークがあり、おすすめ!リカちゃんやプラレールなど、豊富な種類を好きなだけ遊べるという子供にとっては夢のような場所もあり、娘は二時間ほどリカちゃんハウスでひたすらリカちゃんを着せ替えまくっていました…)

見て、触れて、体験できる「おもちゃのテーマパーク」軽井沢おもちゃ王国

f:id:udonmotch:20160626142329j:image

f:id:udonmotch:20160626142252j:image

生あんず自体はあまり日持ちしないので、生食できるのは本当に今だけ。あまりスーパーにも出回らないので貴重です。

 

でも生あんずのお楽しみはそれだけではありません。

あんず狩りができるところではだいたい加工用の品種も売られており、たくさん買ってきて、家で煮るのもまた楽しみの一つなのです。

あんずジャム自体が好きなのでたくさん食べられるのはもちろんなんですが、煮ている時の甘酸っぱいあんずの香り!これがめちゃくちゃ幸せなのです。

 

今年は新生児がいるのであんず狩りには行けませんでしたが、夫があんずを調達してくれました。

新生児はいつ授乳やオムツ替えで呼び出されるかわからないので、今年は夫と作業分担しながら、半日がかりでジャムを煮てみました。

f:id:udonmotch:20160626141111j:image

鍋に入れて沸騰してきたあたり。あんずは酸味が強いのでうちではルクルーゼでいつも煮ています。

 

あんずジャムの作り方をざっくり書くと、

 

1)あんずを二つ割りにし、種を除いたあと、鍋に入れ、あんずの重さのだいたい4割くらいの砂糖をまぶしてしばらくおく

 

 2)あんずから水が出てきたら鍋を中火にかける。しばらくするとアクが出てくるのでしばらくひたすらアクをすくう。

 

3)その後弱火で好みの固さまで煮詰めます。

 

4)保存するには、熱いうちに煮沸消毒した瓶に詰めればオッケーです。

 f:id:udonmotch:20160626142125j:image

ジャムと書いていますが、ゆるめに煮て果肉の形も残すとシロップ煮になります。このシロップと果肉を炭酸水で割ると、爽やかな酸味と華やかな香りで今の時期にぴったりのアプリコットソーダに(あっという間になくなる…!)。

今回は果肉をつぶしながらしっかり煮詰めてジャムにしました。ジャムはパンに塗るのはもちろん、ヨーグルトに混ぜるのもおすすめです。

f:id:udonmotch:20160626141807j:image

娘はジャムは苦手なのですが、生あんず自体はとても気に入っており、毎日ぱくぱく消費しています。

たまに酸っぱいのが当たると、私や夫によこしてきます…酸っぱいのはお父さんやお母さんも一緒だよ!!

 

何はともあれ、今年も毎年恒例の季節のおいしいものを食べられて満足です(夫、ありがとう!!)

来年は息子も連れてみんなでまた狩りに行きたいな〜。

 

--- 

長野県千曲市では、毎年今の時期にあんず祭りをやっています。
(だいたい6月下旬から7月頭に開催)

昨年は、気候の関係で実がなるのが早かったらしく、狩りに行ったら危うく実がなくなる直前だったので、行く前に問い合わせなさることをおすすめします!

chikuma-kanko.com

 

生あんずは、楽天などで通販で手に入れることも可能です。以前こちらのお店でハーコットを購入しました。 


 

 

生あんずならではのおいしさをみなさまもぜひ!

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村