単角子宮で二児の母

単角子宮で一児の母のアラフォー会社員、単角子宮による切迫早産を乗り越え、無事二児の母となりました。単角子宮での妊娠・切迫流産や切迫早産・帝王切開の経験、育児と仕事の話、読んだ本などいろいろ書いていきます。

MENU

娘発熱と六花亭と(25w4d)

今朝、娘が発熱しました。

起きてリビングに行くも、ビーズクッションに埋もれて、ご飯食べたくないと言っているので、珍しく朝のぐずぐずかな?と思って手を取ったら妙に熱い。

熱を測ったら38.4度。

慌てて保育園に連絡。保育園ではインフルは出ていないとのことだけれど、念のため夕方小児科で検査をしてもらうことにし*1、保育園を休ませました。 

スポンサードリンク

 

日中もうとうとしながら過ごし、夕方小児科へ。

幸いインフルではなく、お腹の風邪とのこと(ノロやロタでもありませんでした)。

 

よかった、一安心…!

 

とはいえやはりまだ調子は悪いようで、眠りが浅く何度も目を覚ましています。

枕元には水筒と、もしかしたら戻してしまうかもしれないのでバスタオルも待機。

 

赤ちゃんの頃から、有袋類のように、私のお腹の上に乗って寝るのが定番だった娘。

でも妊娠してからは、あかちゃんがつぶれちゃうからと我慢していました。

午前中、ぽつりと、

「すごくママのおなかにのりたい。でもあかちゃんがつぶれちゃうからね…」

心が痛む。

娘、本当に我慢してるんだよなあ。

そうだよね、体調が悪いときこそ甘えたいよね。

できるだけくっついて過ごしています。 

f:id:udonmotch:20161013104513j:plain

 

こちらは、夫が今日帰宅途中に有楽町の北海道アンテナショップで買ってきてくれた六花亭のお菓子。

ありがたや。

甘いもので一息。

バターサンドもサクサクパイもおいしいなあ。どちらも大好物です。

バターサンドはサブレがサクサク、そこにコクのあるバタークリームとラムレーズンがおいしい。

カプチーノ味のクリーム入りサクサクパイは、パイのサクサク感とバターの香りがたまらない。ほろ苦いカプチーノクリームもしあわせ。

 

夫が本を読みながら個包装を口で開けていたので、

「そんななまかわしたらダメだよ!手で開けて!」

と言ったら夫キョトン。

なまかわって名古屋弁なのか…!

横着する、というような意味です…。

 

娘、明日は熱が下がってるといいけど。

そして明日は検診だ〜。

 

 

*1:インフルの迅速診断は、発熱後半日たたないと反応が出ないので…